愛宕山図
 

愛宕山図

江戸時代の愛宕山

愛宕山図 慶応元年(1865年)頃の愛宕山から浜離宮をのぞむ。立川博章 2002年作

 

愛宕山は江戸時代には江戸の町では最も見晴らしの良い高い山でした。立川博章氏のこの図の右下の木が茂る山が愛宕山です。 図の上中央に今の浜離宮、当時の浜御殿が見えます。 現代で言うと地下鉄御成門、虎ノ門、神谷町の中間あたりの港区愛宕一丁目にあたります。

空から見ると高い山には見えない標高26mの山ですが、東側の男坂の参道下から見上げると非常に急な上り坂階段です。 この画像では細部はわかりませんが、当時の火の見櫓、各藩邸の偵察用の物見櫓、台所の煙を出す屋根の作りなど、細部には楽しい発見が沢山あります。是非大きなサイズの現物か写真で見て頂きたい絵図です。 書籍では別冊太陽「パノラマ地図の世界」P24に掲載されています。

 

現代と江戸時代の愛宕山周辺比較

江戸時代と現代の鳥瞰図を見比べてみましょう。左が江戸時代、右が現代です。

江戸時代の愛宕山
愛宕山図 慶応元年(1865年)頃 立川博章作
現代の愛宕山
愛宕山図 現代(2011年) Google Earth

 

今も昔も愛宕山には愛宕神社があるのがわかります。建物や埋め立て地は大きく変わってしまっていますが、 道筋はあまり変わっていないことがわかります。大きな掘割は埋め立てられ、高速道路や主要道路になっています。 江戸時代では愛宕山から図の左上の築地本願寺の大屋根が見えました。 手間側は武家屋敷で、一つ一つの建物が大きいのがわかります。江戸時代は浜御殿の西(図の下側)に会津藩下屋敷がありました。 その西(図の下左右)に屋根の小さな建物が連なっているのがわかります。これは町民が暮していた町屋です。

 

江戸時代の愛宕山からのパノラマ写真

次の写真は江戸幕末に日本の写真を撮った英国人F・ベアト(Felice Beato)が、元治元年(1864年)以前に愛宕山からパノラマ写真をとったものです。 この写真は、江戸鳥瞰図・愛宕山図の重要な参考資料になっています。
この写真も細部をみると、非常に面白い形の松や、火の見櫓、馬屋、寺などが見えてきます。多くの本に載っていますので、ご覧になってみてください。

ベアト・愛宕山からのパノラマ写真
愛宕山山頂から撮影した江戸のパ゛ノラマ写真 F.ベアト
「写真で見る江戸東京」新潮社 P48より>