江戸城図(幕末)
 

日本橋界隈図(幕末)

文久2年(1862年)当時江戸で最も栄えた日本橋界隈の鳥瞰図です。

画面左寄りの中央辺りが日本橋です。現在の東京駅、神田駅から日本橋小舟町周辺までが描かれています。画面中央あたりが現在の三越、当時の三井越後屋の店です。掘割に沢山の舟が行き来し、掘割に沿って沢山の蔵があるのが見えます。

当時トラック代わりに舟が活躍していました。

 

日本橋図

江戸鳥瞰図 日本橋界隈図 。立川博章作

 

日本橋界隈説明図

『江戸鳥瞰図 日本橋界隈図 説明図 立川博章作に、インターネット上の表示に赤で文字を追記