上野、浅草、向島図
 

江戸鳥瞰図 上野、浅草、本所向島図

文久2年(1862年)の隅田川を挟んだ現代の台東区全域、荒川区、隅田区と中央区の一部、文京区の一部を描いた鳥瞰図です。原図は120cm×80cmの大きさです。

この鳥瞰図は書籍「江戸の町並み景観復元図-御府内上野・浅草周辺」 に収録されています。

上野、浅草、向島図

江戸鳥瞰図 上野、浅草、向島図 。立川博章 2003年作

上野、浅草、本所゜向島-解説図

 

立川博章作『江戸鳥瞰図 江戸鳥瞰図 上野、浅草、向島図の地名図』

インターネット表示用に主要地名を赤で記載

上記の地名図は絵図面と対の地名の入った解説用の白黒の図ですが、地名が小さすぎで読めないため、ホームページ用に赤で主要地名を記載しています。

 

解説

立川博章氏のこの鳥瞰図の中から、隅田川沿いの何箇所かを解説します。広い範囲を鳥瞰して描いているだけでなく、町並みの細かい部分も正確な時代考証にもとづいて書かれており、当時の様子がよくわかり、大きな鳥瞰図のどこを見ても見飽きません。

 

両国橋

両国橋・両国広小路付近

 鳥瞰図の上下(南北)方向に流れている大きな川は、「大川」、即ち現在の隅田川です。鳥瞰図の下あたりで隅田川に架かっているのが両国橋です。

以前は、隅田川の西側が江戸、東側が下総国(しもうさこく)で、二つの国の間に渡された橋なので両国橋と呼ばれます。この図面の中で見える隅田川に架かっている他の橋は、北の方の吾妻橋です。江戸時代は現在ほど橋の数は多くなく、あとは渡し舟が使われていました。鳥瞰図には渡し船の船着き場の様子も描かれています。

両国橋の西側に両国広小路があり、ここには芝居小屋、見世物小屋が幾つもあり、江戸の遊興街でした。黄色い四角形の建物が芝居小屋です。

 

今戸橋付近

今戸町、瓦町付近

右の図は、今戸町、瓦町付近の拡大図です。 瓦を焼くための窯の煙があがっているのが見えます。隅田川から右図の左上につながっている掘割は「山谷堀(さんやぼり)」で、新吉原に続いています。この当時、通人は猪牙船(ちょきぶね)で隅田川から山谷堀を通って、新吉原に通ったそうです。

山谷堀にかかっているのが今戸橋です。今戸橋の左にある朱色の建物が、待乳山聖天社(まつちやましょうでん)です。この鳥瞰図の中にも新吉原が描かれていますので探してみてください。

 

今戸橋付近

浅草御米蔵、本所御米蔵

右の図は、隅田川を挟んだ両岸にある幕府直轄の「浅草御米蔵」と「本所御竹蔵」です。

幕府直轄の天領から運ばれた米が、御米蔵に保管され、旗本、御家人の俸禄となっていました。蔵が連なっており、隅田川から船がそのまま蔵に米を運び込めるようになっています。この時代は船が江戸の重要な輸送手段でした。

東岸の本所御米蔵は、現在の国技館、江戸東京博物館にあたります。