新江戸図
 

「新江戸図」は、立川博章 氏の江戸鳥瞰図の集大成として制作中の、江戸時代の江戸および江戸近郊 (横浜から江戸、秩父、千葉東北部)までを一望する巨大な絵図面です。
その一部の大田区を中心とした羽田、生麦、川崎、世田谷深沢までの範囲の絵図面が「地図展 in おおた」で初公開されました。 この大田区中心の一部だけでも幅4.8m×高さ2.4mの巨大なもので、壁面の高さ一杯の大きさになっています。

 

「地図展 in おおた」にて展示された「新江戸図」の大田区を中心とした一部

新江戸図・大田区周辺

江戸鳥瞰図『新江戸図』(作: 立川博章)

 

鳥瞰図の範囲

下記の図は、上記の鳥瞰図の位置、範囲を写真に文字入れして示したものです。

新江戸図(大田周辺)地名入り

 

詳細

空から街を一望するのと同時に、近寄ってみると細かい建物一軒一軒が描かれ、当時の樹木、田畑、道筋、川の流れが地図その他の考証資料に基づいて正確に復元されているのが見えます。2011年3月現在は横浜から登戸、品川に至る範囲の絵図が完成しています。

新江戸図の一部詳細

 

新江戸図の全体構想範囲

「新江戸図」は巨大な構想なため、何年もかけて制作されています。下記の図は全体の構想範囲を示しています。 一枚の図面の枠を除いた絵図の部分が幅 2m× 高さ1mの大きなものですが、第一次の作図範囲では、その図面が9枚x4枚で構成され、全体として 8m×9mの巨大なものになる予定です。 「この図の範囲」と書かれたテープで囲われた部分が上記の写真の鳥瞰図です。

江戸鳥瞰図

 

鳥瞰図・新江戸図の販売予定

この新江戸図は、財団法人地図センターにて販売予定です。 詳細に関しては地図センター、ネットサービス部 百治(ひゃくなり)了一部長までお問い合わせください。

地図センターホームページ

  TEL 03-3485-5416
  FAX 03-3485-5593
  eメール hyakunari@jmc.or.jp