鳥瞰図の技法の種類
 

鳥瞰図(= bird's eye view、俯瞰図、パノラマ図)には様々な描き方がありますが、共通しているのは、斜め上空から町並みや風景を見下ろして描かれていることです。ここでは、鳥瞰図の技法の幾つかをご紹介します。

 

ちなみに、広辞苑では「鳥瞰図」を「高い所から見下ろしたように描いた風景図、または地図。鳥目絵 とりめえ。」と定義しています。

逆に低い所から上を見上げるように描いた図を仰瞰図(ぎょうかんず)、または蛙瞰図(あかんず、 蛙の視点から見上げた図)と呼びます。こちらは広辞苑(第五版)には載っていない言葉です。虫瞰図(ちゅうかんず、虫の視点から見上げた図)も同義語です。

 

技法の概要

 

各技法説明

元の地図

元の地図

右のような地図を例にして説明します。

AからEまでの黒線で描かれた5つの建物がこの地図の範囲にあるとします。 青線のグリッド(格子)は、地図の上の線です。

A、B、Cの建物は地図上の縦横のグリッドに沿って建てられています。道や建物が碁盤目にように配置されている町の方が少ないので、 建物D、Eはグリッドに対して45度斜めに建てられています。

 

アクソノメトリックス法

アクソノメ法による鳥瞰図

アクソノメトリックスによる鳥瞰図

アクソノメトリックス法 (略してアクソノメ、またはアクソメと呼ばれる)で描かれた鳥瞰図は、近くも遠くも同じになります。地図の形をそのまま描き、建物や土地の高さの分だけその面を上に持ち上げで描きます。

右の図では建物の屋根を高さの分だけ垂直に持ち上げて描きます。正面から描くとA、B、Cのように碁盤の目の縦の線にそった建物の側面が見えなくなってしまい、建物が描き難くなるので、少し地図を傾けます。

 

1点透視法

一点透視法による鳥瞰図

一点透視法による鳥瞰図

1点透視法は、最も基本的な遠近法の描き方で、地図を正面から見ます。

地図の垂直方向の線が、遠くのある一つの点(消失点)に収束するように描くのが1点透視法です。

地図上の水平な線は水平なままです。建物の高さ方向の線は、垂直な線として描きます。

 

この図法は、A、B、Cの建物のように地図の垂直、水平な線に沿った方向に配置されている場合は自然に見えます。一点透視法は、このような図を描くのには適しています。

しかし、建物D、Eのように斜めになっている場合に、どのように描くのか図法上は決められておらず、自然に描くのが難しくなります。

町並みは、必ずしも碁盤の目のように配置されているわけではないので、広い範囲の鳥瞰図を描くにはあまり適してはいませんが、作図は最も簡単です。

 

 

2点透視法

二点透視法の説明図

二点透視法による鳥瞰図

 

二点透視法で描いた建物の図

次に、二つの消失点を置いたのが2点透視法です。建物の高さ方向の線は、図に垂直に描きます。

建物D、Eのように斜めに配置されている建物も描きやすくなります。

 

透視法に消失点の場所に特に決まりはなく、一つ、二つの少数の構造物を描く際は、消失点は比較的自由に決められます。マンションや一戸建ての家の完成予想図などは、右のように下から見上げた二点透視法で多く描かれています。

 

広い範囲の鳥瞰図を描こうとすると、自然に見えるようにするために視点の決め方に注意が必要になります。2点透視法の消失点の決め方はこちらを参照してください。

広い範囲の鳥瞰図を描こうとすると、実際に高い所から見下ろした風景と、2点透視法の図は差が出てきてきます。自然に描こうとすると、2点透視法に三つ目の消失点を加えた3点透視法が必要になります。

 

3点透視法

三点透視法の消失点説明図

三点透視法の消失点

 

三点透視法による鳥瞰図

三点透視法による鳥瞰図(補助線付き)

三点透視法による鳥瞰図完成図

三点透視法による鳥瞰図(完成図)

 実際に高い所い所から建物を見下ろした風景は、画面の端に行くほど斜めに見えます。例えば横浜のランドマークタワーのような高い場所から見ると、実際によくわかります。2点透視法ではこの傾きが表現できません。

 そこで高さ方向の傾きを表現するために、三つめの消失点を加えたのが三点透視法です。右の図の下の方にあるのが三つめの消失点で、そこから放射状に出ている赤い線が高さ方向の傾きを表します。

  立川氏の三点透視法では、この第三の消失点の位置は、画面右端のCの建物の影にある赤い楕円を使用して割り出します。

端のグリッドの4辺に内接する楕円を描き、その短軸を延長した線と中心線の交点が消失点になります。楕円を使った第三の消失点の決め方はこちらを参照してください。

 

 この赤線に沿って建物の傾きを描くと、右の

図のようになります。中央は建物は真っすぐで、端に行くほど斜めに描かれます。

三点透視法で適切な消失点をとることにより、実際に空から見下ろした風景に近い自然な鳥瞰図を描くことができます。

 

 


参考文献: 建築とデザインのための図形科学