教室で制作している日本刺繍の自由作品の中で、色々な「小作品」をご紹介します。

 

講師作品・ キーホルダー (3cm四方の小さな世界)

友達のプレゼントや自分使い用に小作品も作ことができます。

 その中でも、3cm四方の小さい可愛い作品をキーホルダーやキーリングに入れています。制作時間は帯や着物よりもずっと短いですが、その 3 cm 四方の小さな作品にも日本刺繍のいろいろな技が使われています。それぞれ、可愛い刺繍になりました。

 キーホルダー・ケースも、キーリングケースも生徒さんの希望でご用意しています。

羽根 桃 雷 鈴

雪兎桜朝顔桔梗

梅団扇 たんぽぽ 雪兎-青緑

たんぽぽ2 雪兎 団扇2

刺繍の名前は上段左から順に以下の通りです

花羽根、桃、雷、鈴
白雪兎、桜、朝顔、桔梗
梅、団扇(金糸麻の葉)、たんぽぽ、淡い青緑の雪兎
たんぽぽ、淡い桜色の雪兎 団扇(麻の葉)

 

生徒自由作品 - 四つ組ぬい桐小箱

 この写真は四つ組ぬいの刺繍を加工した桐小箱です。

 四つ組ぬいは、組紐ぬいの中でも非常に手間のかかる縫い方です。しっかりと組んでぬいしめていきますので、布地は銀箔の固い帯地を使っています。

 アクセントに、切箔のように五色金で小さな正方形を散りばめました。 紐もグラデーションを使ったので、手間がかかりましたが、とても美しくし仕上がりました。

桐小箱 桐小箱上面

生徒自由作品 - 百合桐小箱

 この写真の桐箱の刺繍は、薄いピンクから銀色のグラデーションの箔帯地に刺しています。

 百合は白一色ですが、帯地の色合いに良くあって、美しい作品になりました。箱の中に裁縫道具をセットして、裁縫箱として仕上げました。

桐箱百合

生徒自由作品 - コンパクト(ダブルミラー)

コンパクトの金型に刺繍した絹地をはめこんで作ります。

簡単に作ることができるので、生徒さんに人気です。下の作品は、「お多福豆」、「繭玉と桑の葉」、「いが栗」の三点です。

お多福豆は、縁起の良い八にちなんで八個刺しています。それぞれの豆がキャンディートーンで、その内一個がお多福さんになっています。

 繭玉は白だけではなく色々な色があるので、三個がそれぞれ白、ごく薄い黄色、ごく薄い緑で色分けして刺してあります。五色金糸や銀糸を縒る時に入れています。

 いが 栗は、勝ち栗とも呼ばれ、縁起の良い図柄です。いがを全て金糸で刺しているので、思った以上の華やかな仕上がりになります。

ミラー1 ミラー2 ミラー3

 

生徒自由作品 - キーホルダー

 プレゼント用に沢山のキーホルダーを作りました。

一つ一つがやさしい色で可愛く仕上がりました。小さな作品ですが、様々な技法を使って仕上げました。

キーホルダー

 

生徒自由作品 - キーホルダー「雪うさぎ」

 このキーホルダーは、ピンク地に銀箔が施された帯地に刺繍された作品です。

 形もとても綺麗にとれていて、素敵なプレゼント作品になりました。

兎キーホルダー

 

生徒自由作品 - 磁石プレート「ひまわり」

 これは磁石シートを裏に貼ってある刺繍作品で、金属に自由に貼り付けることができます。ひまわりの花が好きなお嬢さんへのプレゼントとして制作した作品です。

ひまわり

 

ふくら雀

桐箱に「ふくら雀」の刺繍を載せた作品です。

ふくら雀

ソーイングセット

ソーイングセットが中に入っている携帯小物入れに日本刺繍を加工した生徒さんの作品です。

この作品をプレゼントする時には、絹の小さな巾着袋を作って入れるようにすると、携帯する時に日本刺繍がこすれません。

ソーイングセット

 

ソーイングセット

お友達や知人にプレゼントするために、生徒さんが色々な文様の刺繍をしました。
これからソーイングセットの金具にご自分で加工して仕上げます。

ソーイングセット702

下の写真は、金具に加工した完成品です。

加工したソーイングセット

 

椿のピルケース

生徒さんが中が三層に分かれて鏡がついたピルケースに刺繍しました。ピルケースにあわせた巾着を友禅の生地で作りました。

椿ピルケース バッグとピルケース

 

バッグ

ベンリー金具に刺繍した絹地をとりつけて小型のバックを作りました。ベンリー金具はバッグ部分の絹地の付け替えがとても簡単なので、金具一つで色々楽しめます。模様は生徒さんが、更紗文様をご希望でしたのでデザインしたものです。

 バッグ

 

源氏香の桐箱

文箱サイズの桐箱に、源氏香を刺繍した絹地を加工して、刺繍の桐箱を作っています。生徒さんが知人の方へのプレゼントとして制作しています。

出来上がり次第プレゼントされるため仕上がりの写真を撮れない予定ですので、途中ですが写真を載せさせていただきました。

 源氏香桐箱

 

帯留め

黒字の帯留めを作りたいという生徒さんのご希望でした。講師が用意した図案だけではなく、ご自分でも図案をデザインしています。

ご自分のデザインを、ご自分で絵付けをして制作し、仕上げています。これから何点か追加なさる予定です。

作りたいアイデアから自分の力で完成するまでまとめあげ、作品として創り出せるということは、素晴らしいことと思います。

 帯留め

 

源氏香のバッグ

生徒さんの多くが、「ベンリー」金具を購入して、自分の好きな生地と好きな図案で小さなバッグを作っています。

マチの部分は柄物の絹地を使っておしゃれに仕上げました。

生徒さんのご希望で、源氏香の「藤裏葉」(ふじのうらば)の図案を講師がデザインしました。

 源氏香のバッグ

 

蝶のバッグ

生徒さんがご自分で蝶の図案を決めて絵付けして制作したバッグです。

黒地に胡蝶の図案の雰囲気に合わせた生地をマチに使い、使い勝手が良いように黒のショルダー紐をご自分でつけて、素敵なバッグに仕上げました。

 蝶のバッグ

 

ピルケース

お友達にプレゼントするために、生徒さんがピルケース用の刺繍をしました。イニシャルを入れているものもあります。

日本刺繍で制作するために、図案も和風のデザインにしました。例えばバラは、明治以前の「野いばら」に近い図案です。

バラは西洋のイメージが強いですが、万葉集にもばらの歌があるように、古くから日本にもある花です。

日本は古くから日本原種のバラが自生している国です。刺繍写真と、ピルケースが完成した写真を載せています。

 ピルケース ピルケース完成品

 

薔薇の桐箱

生徒さんがご自分で図案を描いた薔薇の桐箱です。優しくてかわいい雰囲気の桐箱になりました。

生徒さん皆さんが、ご自分で好きな図案を描いて、個性のある作品を作っていって頂きたいと思います。

 薔薇の桐箱

 

宝尽しの桐箱

生徒さんが出産祝いの贈り物用に、宝尽しの桐箱を同じ柄で少し色を変えて2箱制作しました。

出産祝いなので優しい色にしたいとのご希望でしたので、パステルカラーの色彩にしました。

宝尽し1 宝尽し2 

 

お守り袋

生徒さんが、お子様に作ったお守りを入れる袋です。神社仏閣を訪れて複数お守りをお持ちのために作りました。

図案は生まれ年の干支やお子様のリクエストで講師が作成しました。

お守り袋の裏側には、お子様の生まれ月の花紋を生徒さんが図案をご自分で作成して刺繍されました。

お守り袋1お守り袋2お守り袋3

お守り袋ro お守り袋5お守り袋6

 

金魚のバレッタ

カリキュラムの「盛夏」の布地の余白に金魚を刺繍して、バレッタに仕上げました。夏に向けた可愛らしい小物ができました。

金魚のバレッタ

ダブルミラー

生徒さんが、お友達や知人の方にプレゼントするために沢山の小物用の刺繍をして、そのうち三つをダブルミラーに加工しました。

どの作品も華やかで可愛らしい色合いに仕上がりました。

ダブルミラー


ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房