教室で生徒さんが制作している日本刺繍の自由作品の中で、小さく額に飾れる作品「小額装作品」をご紹介しています。

反物の半分以下の幅(20cm以下)で制作している小さく額に飾れる作品を、「小額装作品」と呼んでいます。

 

南天と水仙

 ごく薄いピンク地に桜の模様が織り上げられた絹地に刺繍した作品です。

 南天は縁起物ですからお祝い事に飾ることができます。葉の色を緑や青緑に色々刺しわけて、白と赤の綺麗なアクセントになるように考えました。

 真っ白な水仙と、真っ赤な南天が対比された色調ですので、ゴールドの力強い額にあわせました。

南天と水仙

 

黄水仙

 この作品は、半襟の図案を額装の図案にしたものです。

 柔らかい色調で仕上げたので、額装もマットを薄いピンクにして、縁は淡いブルーグリーンに銀飾りをつけた可愛い額にしました。

 全体的に優しい作品に仕上がりました。

黄水仙

 

ひなげし

 右の写真は、「ひなげし」が好きな生徒さんのご依頼でデザインし、生徒さんが制作した作品です。

 シンプルにひなげし以外のモチーフは加えずに写実的にひなげしを表現し、ひなげしの花束を思わせる作品になりました。

 写実的にするために、ひなげしの花びらを全て刺し縫いでグラデーションをかけながら刺繍をし、茎は辛縒り で刺すことで固く細いポピーの茎を表現しています。

 絹地が非常に薄かったために、生徒さんが刺すのが難しかったと思いますが、丁寧に刺繍をされました。

 ひなげしの季節にあわせて、生地はごく薄い桜色で、桜の花が織り込んでいる絹地にしました。

 額縁の二色の淡いグリーンと生地の薄い桜色、鮮やかなひなげしが調和し、綺麗な作品になりました。

2番目の額装前の「ひなげし」は、刺し方は最初の作品と同じです。暖かみのあるオレンジ色の着物地に刺繍しましたので、優しい雰囲気に仕上がりました。きれいな刺しぬいで丁寧に刺繍されています。

ポピーひなげし

 

生徒自由作品 - かわせみ

瑠璃色が美しい「かわせみ」を差しぬいで写実的に刺繍しました。綿糸の肉入れを施し、立体感を出しました。

色紙台の作品で、まとまりのある作品になりました。

かわせみ

 

松竹梅 丸

生徒さんが以前日本刺繍を習っていた時に途中まで制作したままになっていた作品で、星美幸日本刺繍教室の「松竹梅」の文様の繍技と同じなので、その繍技で完成させました。

古鏡

地引きをした上に更に刺繍をする「上模様ぬい」の作品を作りたいという生徒さんのご要望で、古鏡の図案を講師が作成し、制作しました。古鏡の文様は、鏡の縁の伝統文様だけではなく、生徒さんのお好きな文様を入れました。模様に使いたい花を話し合って、生徒さんが好きな藤の花を取り入れました。上模様ぬいは非常に手間がかかりますが、仕上がると厚みがあって、贅沢な刺繍になりました。

 古鏡

お友達が飼っている猫を刺繍にしてプレゼントしたいという生徒さんのご要望で、講師が図案を作成しました。毛並みを表現するために、すべて刺し縫いで丁寧に刺繍しました。

 猫

 

椿に桜吹雪

生徒さんがお友達に差し上げるために、2点の椿の柄違いの作品を制作しました。椿は少し厚く縫い、桜の花びらは差し縫いで薄く表現してあります。

椿に桜吹雪1 椿に桜吹雪2

 


ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房