生徒さんが制作している日本刺繍の、3作品目以降のカリキュラム作品「盛夏」「晩夏」「宝尽くし」の作品写真をご紹介しています。

 

四季のうつろい・盛夏 (3作品目)

3作目の「四季のうつろい」シリーズでも、絹地も釜糸の色も自分で決めますので、いろいろな表情のある作品が生まれてきます。

古典柄のかちっとした作品とは別な、動きや可愛らしさがあるので、生徒さんには好評です。

刺繍する生地は、銀通しまたは金通しの白生地、あるいは濃い青色の生地から選びます。銀通しまたは金通しの白生地は、涼やかな作品になり、夏の季節に逢います。濃い赤字の生地は、蛍がよく浮き出てきて、夏の宵の雰囲気がでます。

額装して完成になります。

夏I額装夏Iその2夏I 団扇盛夏・額装作品 盛夏16903盛夏額装 盛夏盛夏

 

四季のうつろい・晩夏

晩夏は、カリキュラムの4番目の作品です。夏から初秋にかけた文様です。 歳時記の上では朝顔は秋の花になります。

朝顔で初めて「さしぬい」を勉強します。「さしぬい」は、より写生風の表現ができますが、初心者には難しい技法です。よりリアルな仕上がりは、作っている生徒さん自身も、絹糸の美しさにあらためて感動しています。

生徒さんに人気のある図案はほうずきで、綿糸の肉入りをここで勉強します。
殻がひびわれた様を金糸で表現するので、仕上がりは豪華になります。

晩夏-作品写真 晩夏  

晩夏・額装晩夏晩夏  晩夏 

 

宝尽し

 金通しの本袋帯地に刺繍する作品です。カリキュラムのこれ以前の作品は、着物地だったので比較的刺繍しやすかったのですが、この作品は固い帯地、しかも金糸が通っているので、刺し直しを何度もできないため、難しい素材になります。

 図案は代表的な古典模様で、ご自分でデザインするために、これから様々な作品に応用できる文様です。縫い方も変わり縫いなどここで色々勉強します。
梅の花は全て綿糸の肉入れをして、たっぷりとした仕上がりにしています。 この宝尽しの刺繍に入る前に、宝尽し文様の歴史や意味等々のレクチャーをします。
例えば、玉ねぎのような先が尖った図の左下にある丸い玉は「宝珠」と言います。金銀財宝を望むままに出すことができると言われています。今でも「寺院の屋根」「橋の欄干」「お地蔵さんの手の上」で見ることができます。デザインする際に、元の形と意味を理解してデフォルメする必要があります。

宝尽し宝尽し額装作品宝尽し宝尽し

ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房