初回の教室で用意する日本刺繍の道具一式と、教室にご持参いただく道具等もの、日本刺繍用の便利な道具類をご案内しています。

道具一式アイコン◆日本刺繍道具一式
初心者の方は、初回の教室に日本刺繍の道具一式を教室でご用意します。既に日本刺繍道具をお持ちの方は、その道具をお持ちください。

持ち物◆ご持参いただくもの
教室にご持参いただく道具等の一覧はこちらをご覧ください。

 

便利な道具◆日本刺繍の便利な道具
日本刺繍の制作にあると便利な道具の一覧をこちらでご紹介しています。

 

道具一式アイコン日本刺繍道具一式

日本刺繍道具一式 15,000円

道具一式 1500番紙やすり(針をとぐのに使用)、 フェルト針刺し、

駒一組、 ごふん(下絵付け用)、陶器絵皿、

てこ針、かがり糸、

とき筆セット、しょうふ糊

針

日本刺繍針

ふとん針

刺繍台刺繍台1台(長さ73cm)

図引き和紙

図引き和紙 (A4サイズ) (図案の転写用)

作品保護用紙

作品保護用薄葉紙 (78.8cm × 54.4cm)

持ち物ご持参いただくもの

日本刺繍教室の講習には、以下のものをお持ちください。

お手持ちのものがあれば、初回の授業の際に持ってきてください。日本刺繍をする時に使いやすいかどうか、拝見させて頂きます。

「※教室で販売します」 と記載しているものは、教室でお売りします。 代金は当日教室で精算いたします。

はさみ ハサミ
刺繍用そりバサミが最適です。教室で販売するハサミは、日本刺繍用の手打ちで作られた刃先が反っている小型にぎりバサミです。なければ小型にぎりバサミ。
※教室で予約を受けたのち、販売します
目打ち 目打ち
糸縒りの際、絹糸をかけるので、持ち手部分に凹凸のない滑らかなもの。
持ちて部分にゴムがついていると、糸縒りの際に糸がゴムにひっかかるので使いにくいです。
※教室で予約を受けたのち、販売します
針山 針刺し
刺繍台に張った絹地の上に載せるので軽い物。 重いと絹地がたるみます。
できれば、針が刺しやすく、錆びにくい羊毛100%がベストです。
※教室で販売します
中身が羊毛100%、フェルト製、軽量
しつけ糸 しつけ糸
綿40/3  綿100% きなり、または白のしつけ糸をご用意ください。縒りが強くてしっかりした しつけ糸ですと、かえって使いにくいです。
※教室で販売します
横田株式会社のダルマしつけ糸 (日本製) 40/3 綿100% 420m 18g きなり
箱 紙の小箱
針、てこ針、はさみ、目打ち等を入れられる箱。15cm x 10cm x 高さ3cm位の箱
箱 釜糸(日本刺繍用の絹糸)を入れる紙小箱
最初のカリキュラムで、色を選んで頂いた5色の絹糸をお渡ししまので、絹糸を入れる箱をご用意ください。釜糸を巻いている管1本の長さは11cm、直径1.8cmです。
釜糸を保管するコツに関しては、こちらをご覧ください。
※教室で販売します
面相筆 面相筆 (めんそうふで)
日本画用の細い線を描くための筆。画材店で販売しています。
※教室で予約を受けたのち、販売します
使いやすいイタチの毛の筆です。
丸円テンプレート 丸円テンプレート
円を描くための製図用定規。画材店、インターネットで購入できます。
※教室で販売します
インデックス下敷き 6穴ミニ・システム手帳用のインデックス下敷
方眼のスケールが印刷されている透明下敷。91×128mmのミニリフィル6穴サイズのリフィルのインデックス下敷。 色がついていない物が使いやすいです。
左の写真は、日本能率協会の製品です。
※教室で販売します

 

筆記用具
講習では縫い方の説明をしますので、B5サイズのノート(B5よりも大きくても良いです)
セロテープ
一時的に少量のセロテープを使用するだけですので、幅の指定はありません。
シャープペンシル型のチャコ
お持ちのものがありましたら、ご持参ください。
新たに購入される場合は、講師の説明を聞いてからご購入下さい。
ファブリック用消しゴム
カスが出にくく、布を傷めずにきれいに消せる布用消しゴムです。
※教室で販売します
糸くず入れ
刺繍の際に出る糸くずを入れるための小さい箱をご持参ください。刺繍台の絹地の上に載せますので、紙製の軽い小さなものにしてください。
糸通し
必ず必要なものではありませんが、必要でしたら普通に裁縫で使う糸通しをご用意ください。
※教室で販売します(絹糸用の糸通しです)
ネル生地 19cm×28cm
刺繍の作業に使う子座布団を作るためのものです。
※教室で販売します
天竺木綿(平織)少し厚めの生地 1m×40cm
絹地を刺繍台にとりつけるために、羽根布(はねふ)という補助用の布をつけます。ブロードでは薄すぎますので、購入の際は気を付けてください。使いまわしができますので、作品ごとに買う必要はありません。
※教室で販売します
組み立てた刺繍台を包む布
80cm×50cmの刺繍台が包める大きさの布。 持ち運ぶ時に刺繍の絹地を保護します。
電車で通う方は、刺繍台を入れる手提げ袋
キャンバスバックF20号、または 80cm×50cmの刺繍台を包んだ状態で入れられる手提げ袋
雨天時は刺繍台を包む大型ビニール袋
昼食
月1回コースの方は、昼食を持参してください。
東京根津教室は、会場の近くと駅周辺にコンビニ、お弁当屋、パン屋があります。
松戸馬橋教室は、コンビニ、お弁当屋、パン屋は駅周辺にしかありません。
(松戸馬橋教室の月2回コースの方は昼食は必要ありません)
東京亀有教室は、必要ありません。

 

ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房