日本刺繍教室によく頂く質問と回答をまとめました。


 

質問

制作のペース

Q1.カリキュラム作品の制作のペースについていけるでしょうか?

制作する作品

カリキュラム作品写真自由作品写真

Q2.カリキュラム以外の作品を作れますか?

Q3.着物や帯は必ず制作するのでしょうか?

図案

図案

Q4.自分で図案を描いて刺繍ができますか?

Q5.図案をデザインをして頂けますか?

費用

Q6.月謝と材料費はいくら位ですか?

Q7.図案のデザイン料は幾らですか?

道具と材料

持ち物

Q8.日本刺繍の道具や材料は教室で買えますか?

Q9.作品毎に刺繍糸セットを買うのでしょうか?

Q10.道具を売っている画材店が近所に無い場合、道具を用意してもらえますか?

交通

松戸馬橋教室アクセス

Q11.松戸馬橋教室は、主要駅からどれ位時間がかかりますか?

Q12.駐車場はありますか?

振替、追加講習

Q13.振替講習についてもう少し詳しく教えてください

Q14.追加講習を受けることはできますか?

Q15.東京根津教室の会場都合による休講はどの程度ありますか?

教室の様子

Q16.教室では椅子に座って刺繍をするのですか?

Q17.講習時間よりも早く教室に着いた場合は、どうしたら良いですか?

制作方法について

Q18.図案はどうやって絹地に写すのですか?

Q19.完成した作品を額装するには、どうやって額を選べばよいですか?

 

回答

 

Q1.カリキュラム作品の制作のペースについていけるでしょうか?

A1. 作品制作期限はありませんので、ご自分のペースにあわせて制作することができます。

作りかけの作品が残ったまま、次の作品のカリキュラムに進むという事はありません。
生徒さんには、作品を完成して手にする喜びを味わって頂きたいと思います。

 作品は必ず完成してから刺繍台から外しますので、刺繍台は一台あれば十分です。

▲上へ

 

Q2.カリキュラム以外の作品を作れますか?

A2. 基本を覚えるための最初の二つのカリキュラム作品「笹舟桜」「松竹梅」は必ず制作して頂きます。
ただし3作品目からは、カリキュラム作品(課題作品)も、自由作品どちらでも選択することができます。

カリキュラム作品(課題作品)を作ることで繍技を一つづつ習得できるようになっています。 生徒さんによっては、最初の二つのカリキュラム作品を作ってから、その繍技だけで半襟を作った生徒さんもいらっしゃいます。生徒さんの力量と作りたい作品について、講師とよく話あって制作する作品を決めていますので、カリキュラム作品以外の作品も自由に作れます。

カリキュラム作品、自由作品の作品集の写真はこちらです。

▲上へ

 

Q3.着物や帯は必ず制作するのでしょうか?

A3.  ご希望される方だけです。着物や帯は制作されない方もいらっしゃいます。希望されない方にお勧めすることはありません。

生徒さんのご希望は皆さん、それぞれです。着物を着る機会が全く無い方は、着物や帯を制作するご希望はないので、こちらからお勧めすることはありません。反対に、着物や帯が好きで日本刺繍を始める方もいらっしゃいますし、そうした方には着物や帯をご指導しています。

▲上へ

 

Q4.自分で図案を描いて刺繍ができますか?

A4. ご希望があればご自分で図案を作って頂けます。

ご自分で図案を描きたい時は、デザインを描く以前のアイデアの段階から講師とよくご相談して頂くようにしています。

 刺繍の図案は、刺繍の経験が浅い方がデザインすると、刺すのが大変なだけで、それに見合う美しさが出ないデザインになってしまいます。また、それが刺繍のデザインの難しいところです。

 そのため、アイデアから線画にするためのアドバイスをさせて頂いています。線画だけでなく、色彩についても同じように良く話し合います。

 図案の描き方の例はこちらをご覧ください。

▲上へ

 

Q5.図案をデザインして頂けますか?

A5.  ご希望があれば、生徒さんからご依頼を頂いて図案をデザインをしています。掲載している作品集の中の自由作品の多くは生徒さんのご依頼で制作したものです。半襟から着物まで、ご相談にのっておりますので、詳しくは講師とご相談ください。

関連質問: Q7.図案のデザイン料は幾らですか?

▲上へ

 

Q6.月謝と材料費はいくら位ですか?

A6. 入会時にかかる費用と月謝は月1回コースか2回コースか、および授業時間によって異なるため、以下の各教室のページををご覧ください。

松戸馬橋教室  東京亀有教室  東京根津教室   東京小竹向原教室

 材料費は一年間に制作する作品数によって異なりますが、目安として以下のようにお考えください。

●初心者の方が一年目にかかる材料費
最初の作品の「笹舟桜」の材料費は4,000円ですが、入会時の費用に含まれています。

2つ目以降のカリキュラム作品は、生地を教室で買う場合は800円から2,000円位ですが、釜糸を何本使うかによって材料費は変わります。材料費の合計は一つの作品あたり、大まかですが4,000円から6,000円位になります。
何作品作るかは、生徒さんの制作の進み方しだいです。
カリキュラム作品(課題作品)の写真図案はこちらです。

●二年目以降にかかる材料費
カリキュラム作品を制作される場合は上記の材料費です。半襟や小物を作る方もいらっしゃいますが、カリキュラム作品と同程度か安くなります。
カリキュラム作品以外の生徒さんの自由作品の場合は、作品が多岐に分かれますし、ご自分で絹地を用意される方もいらっしゃいますので、材料費は一概には言えなくなります。

●ただし、材料は生徒さんがご自分で購入されても結構ですし、お持ちの着物や絹地を使うこともできます。教室では沢山の着物や帯の反物を持っています。額装作品を作る時は、ご希望に応じてカットして 800円から2,000円位でお分けしています。


何作品も作れば、持っている釜糸の色数が増えてきますので、手持ちの釜糸で足りることが多くなります。
作品毎に釜糸を買うわけではありませんので、作品が進むにつれて材料費が高くなるわけではありません。

▲上へ

 

Q7.図案のデザイン料は幾らですか?

A7. 講師のグラフィックデザイナーの経験を生かして、生徒さんのご希望によって図案を制作しています。

掲載している自由作品の多くは生徒さんのご依頼で図案をデザインしたものです。

図案作成を依頼された方以外の生徒さんも、その図案を同じ金額でお使い頂けるようにしています。

ただし、他の方がご利用しない個人専用の図案をご依頼される場合は、個別にご相談頂いています。

 

カリキュラム作品(課題作品)

笹舟桜、松竹梅 (A4サイズ) 500円
盛夏、晩夏 、宝尽し、養老の瀧花詰模様、松竹梅II (A3サイズ) 1,000円

 

新規に図案作成をご依頼頂く自由作品 (図案作成を依頼された方以外の方も同じ図案をご使用頂ける場合) 

A4サイズまでの1つの作品の図案 (半襟、額装作品、1つの小作品) 1,000円
A4サイズの中に、帯留めなどの小さい作品の図案が複数個入る場合 1,000円~3,000円(ご相談ください)
A3サイズの1作品の図案 3,000円
A2サイズの1作品の図案 5,000円~ (ご相談ください)

 

既存の自由作品の図案 (図案作成を依頼された方以外の方にもご使用頂ける図案)

A4サイズまでの作品 (半襟、額装作品、1つの小作品) 1,000円
A4サイズの中に、帯留めなどの小さい作品の図案が複数個入る場合 1,000円~3,000円(新規作成時と同額)
A3サイズの1作品の図案 3,000円
A2サイズの1作品の図案 5,000円~(新規作成時と同額)

 

ご自分専用の図案 (図案作成を依頼をされた方専用で、ほかの方にはご使用いただかない図案)

自分専用の図案 ご相談ください

図案のデザイン料を2016年9月4日に改定しました。

▲上へ

 

Q8.日本刺繍の道具や材料は教室で買えますか?

A8.  糸も道具も、昔からある国内の問屋さんから一括で仕入れて生徒さんには教室でお売りしています。そのため普通に小売店で買うよりは安くなっていると思いますが、ご自分で小売店で購入することもできます。

自分でお持ちの材料や道具ももちろんお使いになれます。

入会される時も、その後足りなくなった材料や道具を補充する時も同じです。

▲上へ

 

Q9.作品毎に刺繍糸セットを買うのでしょうか?

A9. 最初のカリキュラム作品(課題作品)「笹舟桜」一つだけは布と糸をあらかじめセットしてしますが、それ以降の作品は全て決められた色はなく、色を自由に選んで頂けるので、刺繍糸セットはありません。

選べる絹糸は400色あります。新しい作品に取り掛かる時に、生徒さんが楽しみながら、講師がマン・ツー・マンで一緒に色選びをします。完成した作品を思い描きながら色を選ぶのは、生徒さんにとって楽しい制作の一部です。

 選んだ色がお手持ちの刺繍糸の中にあれば、それを使います。足りなければ必要なだけの糸を必要な時に買い足すことができます。

「色の選び方」はこちら

色見本帳の解説ブログはこちら

色見本帳

▲上へ

 

Q10.道具を売っている画材店が近所に無い場合、道具を用意してもらえますか?

A10.  日本刺繍に便利な色々な道具が画材店にあります。近くで画材店が無い場合は、教室でも実費にてお売りできます。

日本刺繍の便利な道具は、このホームページの「日本刺繍お勧め情報」でご案内しています。

 柏の老舗の画材、文房具店「いしど画材」では、大学生や美術専門学生向けの割引制度がありますが、星美幸日本刺繍教室は割引制度が適用される認定教室になっていますので、教室の生徒さんは同様の割引をして頂けます。ご自分でいしど画材で割引で画材、文房具を買う事もできます。

 いしど画材のホームページはこちらです。

▲上へ

 

Q11.松戸馬橋教室は、主要駅からどれ位時間がかかりますか?

A11.  星美幸・日本刺繍教室の松戸馬橋教室東京根津教室東京亀有教室東京小竹向原教室までの行き方

松戸馬橋教室に電車で教室にお越しになる場合、馬橋駅から教室までは徒歩で8分程度です。始めて来られる方でも10分程度です。

主要駅からJR常磐線各駅停車の 馬橋駅までの所要時間は次のとおりです。

出発駅 所要時間 経路
松戸 4分 JR常磐線各駅
9分 JR常磐線各駅
北千住 19分 千代田線直通 JR常磐線各駅
西日暮里 25分 千代田線直通 JR常磐線各駅
大手町 36分 千代田線直通 JR常磐線各駅
西船橋 27分 JR武蔵野線 新松戸乗換 JR常磐線各駅
南越谷 31分 JR武蔵野線 新松戸乗換 JR常磐線各駅

馬橋は千代田線直通常磐線各駅の駅です。上野、日暮里からの常磐線快速は止まりませんので、松戸で乗り換えになります。

▲上へ

 

Q12.駐車場はありますか?

A12.  

松戸馬橋教室

松戸馬橋教室を開催しているギャラリー逢花の駐車場を無料で使え、4台まで止められます。
希望される生徒さんは皆さん駐車できています。

駐車場

駐車場は、ギャラリー逢花の建物の入口の前が駐車スペースになっています。
万一駐車できなかった場合は、近くにある一日800円のコインパーキングが利用できます。

東京亀有教室

東京亀有教室を開催しているモール「アリオ亀有」に駐車場が2,000台分あります。

 

東京根津教室

東京根津教室を開催している三つの公共施設には、駐車場はありません。

 

東京小竹向原教室

駐車場はありません。

 

▲上へ

 

Q13.振替講習についてもう少し詳しく教えてください。

A13.  

松戸馬橋教室と根津教室
松戸馬橋教室と根津教室は、教室をお休みされた場合、自分の教室の次の講習があるまでに他のクラスの講習に振替えられます。

 例えば、第三土曜日をお休みした場合は翌月の第三土曜日までの松戸教室の教室のいずれかに一度振り替えられます。休まれた教室と同じ時間だけ、他の教室に振替ます。月をまたがっても、大丈夫です。

●松戸馬橋教室は月に複数回教室があるため、松戸馬橋教室の中で振替えできます。

●東京根津教室は月1回のみの共通開催であるため、振替講習の場所は松戸馬橋教室になります。

●東京根津教室は満席のため、松戸馬橋教室の方が東京根津教室には振替えられません。

 

東京亀戸教室
東京亀戸教室は、セブン・アンド・アイホールディングスのグループ企業である「セブンカルチャークラブ」が運営しているため、他の教室への振替えはありません。また、東京亀有教室以外の方が東京亀戸教室に振替えることもできません。

 

東京小竹向原教室
東京小竹向原教室は、「東京友禅研究会」が運営しているため、他の教室への振替えはありません。また、小竹向原教室以外の方が小竹向原教室に振替えることもできません。

▲上へ

 

Q14.追加講習を受けることはできますか?

A14. 松戸馬橋教室では、通常の講習以外に、教室の受講人数に余裕があれば講習を受けることができます。事前にメールまたは電話で講師に参加可能か確認してください。

午前だけ、午後だけ、あるいは一日、といったようにご都合が良い時間を選択できます。

追加講習の講習料は以下のとおりです。

●午前だけの3時間: 3,000円  (火曜日10:00~13:00、土曜日10:30~13:30)
●午後だけの3時間: 3,000円  (火曜日:12:00~15:00、土曜日 12:30~15:30)
●一日(5時間)の場合: 5,000円

東京根津教室、東京亀有教室、東京小竹向原教室の方は、松戸馬橋教室に余裕があれば追加講習で 参加することができます。

▲上へ

 

Q15. 東京根津教室の会場都合による休講はどの程度ありますか?

A15.  東京根津教室は、毎月第4土曜日または第5土曜日に根津駅と千駄木駅近くの3箇所の東京都文京区の施設で開催しています。文京区の施設であるため、会場にいづれになるかは前月末に決まります。
そのため、まれに3箇所とも予約できずに休講になる場合があります。

 過去には2006年から2016年4月までの間の約9年間に、休講が3回、平日への振替えが1回がありました。

今後のことはわかりませんが、施設を利用するサークルが増えていますので、これまでよりは休講頻度は多くなるかもしれません。

 東京根津教室と松戸馬橋教室の2011年からの過去分開催記録はこちらをご参照ください。

 頻度は少ないかもしれませんが、東京根津教室に関しては会場都合により休講となる可能性があるために、入会金は頂いておらず、自身のご都合でお休みされてもその月の授業料は頂いていません。もちろん、会場都合で休講となった場合は、授業料は頂きません。

 通常通りの授業料で松戸馬橋教室の授業に振替えることもできます。

▲上へ

 

Q16.教室では椅子に座って刺繍をするのですか?

A16.  松戸馬橋教室、東京根津教室、東京亀有教室、東京小竹向原教室は、全ての教室で椅子に座って日本刺繍をします。

東京根津教室は、「ふれあい館」「交流館」「汐見センター」のいづれかで開催しますが、どこも椅子に座って刺繍をしています。
下記は各教室の講習風景です。

   松戸馬橋教室        東京根津教室(ふれあい館)

教室の様子 東京根津教室

 

▲上へ

 

Q17.講習時間よりも早く教室に着いた場合は、どうしたらよいですか?

A17. 松戸馬橋教室(ギャラリー逢花)は、講習開始前に朝9時から入室できます。10時半から講習が始まります。

東京根津教室は、、「ふれあい館」「交流館」「汐見センター」のいづれかで開催しますが、どこも朝9時から建物に入ることができます。教室は朝10時から入室でき、10時半から講習が始まります。

東京亀有教室は、早く着いた場合はセブンカルチャークラブ亀有の受付に入室可能かご確認ください。
東京亀有教室のあるモール「アリオ亀有」には、喫茶店、レストラン、フードコートも沢山入っています。

▲上へ

 

Q18.図案はどうやって絹地に写すのですか?

A18. 図案の写し方は色々あります。

●絹地が薄く淡い色の場合は、絹地を通しても図案が見えますので、チャコシャープペンシルで直に写します。

●図案が透けて見えにくい絹地の場合は、ライトテーブルを使って写します。
ライトテーブルは、ご希望があれば講師が教室に持ってきますので、教室で写すことができます。ライトテーブルを購入して自宅で作業をしたいというご希望があれば、売っているお店をご紹介します。

●帯地のような全く透けて見えない時は、胡粉(ごふん)を使った昔からの裏刷り法で写します。

これらのやり方は、教室で講習いたします。

 自分で図案を絹地に写せないと、オリジナルな作品を作ることができません。皆さん、最初からうまくは写すことはできませんが、回を重ねることによってどなたもコツをつかんできます。

 縫うだけでなく、このような下絵を写すこともマスターして欲しいと思います。

▲上へ

 

Q19.完成した作品を額装するには、どうやって額を選べばよいですか?

A19.  日本刺繍の作品は、着物であれば着物に仕立てた時が完成です。

額装作品であれば、マットと額を選んで額装した時が完成です。

時間をかけて仕上げた日本刺繍の作品を最後に一層引き立てるのも、そうでないのもマットと額選びにかかっています。

  星美幸・日本刺繍教室では、ご希望があればマットと額を選ぶお手伝いもしています。

  額装選びのポイントは、ブログ「★星の仕事部屋から」の「作品を完成させるポイント! 額装のマットボード」をご覧ください。

▲上へ

 

A2.  カリキュラム作品とご説明していますが、必ず制作しなければならない作品ではありません。カリキュラム作品を作ることで繍技を一つづつ習得できるようになっています。

生徒さんによっては、一つのカリキュラム作品を作って、その繍技だけで半襟を作っている生徒さんもいらっしゃいます。生徒さんの力量と作りたい作品をよく話あって制作する作品を決めていますので、カリキュラム作品以外の作品も自由に作れます。

カリキュラム作品の写真図案はこちらです。

自由作品の写真はこちらです。

▲上へ

ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房