色の選び方日本刺繍作品を作る時に、糸の色選びをするのは生徒さんにとって難しいけれど楽しい作業です。
色に関しては、一番最初の課題作品以外は必ず作品以外は、全て生徒さんに選んでもらいます。

そうはいっても、最初はなかなか自分で色を決められません。まずは、生徒さんに白黒の図案を見てもらって、生徒さんが思う色や好きな色をまずお聞きします。

好みや経験で思い描く色は、本当に人それぞれです。そこから、色選びが始まります。

メインの絵柄の色に合わせてその他の色を話し合いながら決めていきます。 例えば赤い桜かピンクの桜かで、葉の色はそれぞれと調和のとれた色をコーディネートしていきます。

全体のバランスを良く見てみます。既成概念に囚われた色が嫌だと思われる方もいます。 青磁の陶器の図柄のように青だけでまとめたいという方もいます。 それは専門的なカラーコーディネートが必要なので、話し合いをしつつアドバイスをしながらまとめていきます。

これが色選びの難しさでもありますし、楽しさでもあります。 悩みながら考えて色を選んだ作品は、個性が出ますし、本人にとって思い入れが溢れた作品は、かけがいのない作品になります。

 

色彩学からの色の選び方

配色(色の選び方)は、本格的にやろうとすると、色彩検定の試験があるような専門的な分野です。
そこまで専門的にやらなくても、知っておくと色々役立つ楽しく深い世界です。 その入口を日本刺繍の具体的な例でご説明します。
色彩学にそった配色の解説も簡単にしていきますが、多少なりとも配色のヒントになれば幸いです。

色を選ぶ(配色)

どのような色彩でまとめるか、色を選びます。 古代色、ポップな色彩など 色は好みがありますので、何通りか考えて色を選びます。 すぐに刺繍糸を選ばないで、まず下絵をコピーして、そこに色鉛筆などで色を塗った方が色彩を考えやすいです。

 

 


配色の解説 「友禅千代紙のような配色」

 

配色の解説 (渋い色)

ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房