図案アイコンこのページでは、ご依頼された自由作品の図案のデザインができるまでをご説明しています。
星美幸・日本刺繍教室では、生徒さんからご依頼を頂いて図案を作成しています。

作りたい作品の具体的なイメージが明確にするために資料、写真類をご準備頂いてから、少しお時間を頂いて図案を制作しています。もちろん、生徒さんがご自分で図案を作るのもお手伝いしています。

カリキュラム作品の図案はこちらでご紹介しています。

● 講師の制作中の作品の図案はこちらでご紹介しています。

 

ご依頼された図案のデザインができるまで

鯉の滝登り図案 生徒さんのご依頼があれば図案をデザインしています。生徒さんのお孫さんの誕生祝い用に、講師の星美幸が描いた「鯉の滝登り」を例に、図案のデザインができるまでの過程をご説明をします。

 5月の節句にお贈りしたいというご希望でしたので、それにちなんだ図案を話し合い、「鯉の滝登り」に決めました。その人のためだけの作品として、お祝いとして名前を入れたいというご希望でした。

 テーマが決まると、そこから講師が図案をデザインします。

「鯉の滝登り」の絵画や、言い伝え等を書籍、写真等、様々な資料から調べました。

鯉が滝を登るという図案だけでも、お祝いの図案なのですが、そこに松と菖蒲を加えると、「菖蒲に松鯉する」即ち、「勝負に勝利する」という意味にもなりますので、その松も菖蒲も合わせることにしました。

 そこから、名前と鯉と松と菖蒲と滝を素材としたデザインが始まります。

ラフスケッチを描きながら、レイアウトを決めていきます。

イラストを描くことと違うのは、ただ刺繍が難しくなるだけで効果が無い図案にしないように、繍技を考えて図案を調整していくことです。 例えば、松の重なり、滝と鯉の重なり、、滝の線の本数と間隔などを調整します。

 

ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房