星美幸の制作中作品の図案のをご紹介します。絵画を日本刺繍で模繍するという前からのテーマをあらためて、制作し始めました。

 

浮世絵・鈴木春信「夜の梅」

夜の梅_原画  夜の梅 

鈴木春信「夜の梅」 と 日本刺繍用・模写図案

 美人の浮世絵で有名な、江戸時代の浮世絵師鈴木春信の代表作「夜の梅」を図案にしました。これを日本刺繍作品として制作していきます。

 鈴木春信は他の浮世絵作家と同じように謎が多い作家ですが、初作品が宝暦10年(1760年)に発表され、明和7年(1770年)まで活躍したと考えられています。

 バックが黒一色の美しさと、黒の中に白梅と乙女の手灯りの対比がある、というシンプルに削ぎ落とした構図の美しさに惹かれて選んだ作品です。2002年に千葉市美術館で開催された「青春の浮世絵師 鈴木春信 - 江戸のカラリスト登場」という美術展で展示され、心に残った作品でした。明和3年(1766年)頃の作品で、現在はメトロポリタン美術館に収蔵されています。

 

浮世絵・鈴木春信「めだか掬い」

めだか掬い原画   めだか掬い

鈴木春信原画「めだか掬い」 と、日本刺繍用・模写図案

同じく鈴木春信の「めだか掬い」を図案にしました。

夏の小川で二人の娘が小魚取りに興じているという浮世絵で、涼やかな中に活発な楽しさのある作品です。たぶんそれほど有名な大作ではないのですが、絵柄が可愛らしく、夏らしく微笑ましい様子がとても気に入って、直観的に縫ってみたいと思った作品です。

明和4,5年(1767,1768年)頃の作品で、現在はシカゴ美術館など海外の数か所に所蔵されています。

 

上村松園「雪月花」

雪月花-花 雪月花-月 雪月花-雪

上村松園作雪月花」より「花」、「月」、「雪」

上村松園(1875~1949)の代表作の一つ「雪月花」を日本刺繍で模繍します。貞明皇后の御用命を受けてから完成まで実に20年以上を要した力作です。

松園の渾身の作品であり、構図の一つ一つ、舞い散る花びら一つ一つまでも足すものも削るものも無い完璧な作品であり、それをできるだけ忠実に再現したいと思います。

現在は宮内庁に収蔵されており、松園の展覧会では時々見ることができます。

 

絵画を模写した場合の著作権について

 浮世絵などの絵画の模写をするにあたって著作権の勉強をしたのですが、著作権のセミナーに参加する機会がありましたので、まとめてみました。セミナーでは、法律や裁判の判例などを交えて素人にもわかり易く説明して頂きました。 以下は法律には素人の私が理解した内容ですので、法律上の判断は必ず著作権、知的財産権の専門の方にご確認ください。

 

  日本刺繍で絵画は模写する場合、刺繍では下絵も含めて若干表現を変えざるを得なかったり、線の数を変更する必要がありますが、そうした細かな変更は新たな芸術的創作ではないので、二次著作ではない単なる模写になります。

 ですので著作権の消滅した絵画等を模写した刺繍作品を制作することに著作権の問題はありません。また、他の方が模写した作品が存在したとしても、同じ作品を模写しても二次著作権を侵害したことにはなりません。逆に他の方が私と同じ作品を模写てしも同じように二次著作権の問題にはなりません。

 作品制作では著作権は注意しなければならない大事な点ですので、しっかりと勉強しないとなりませんね。


ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房