星工房ロゴ

リンク・関連情報


江戸鳥瞰図 書籍

江戸の町並み復元図-本写真

江戸の町並み景観復元図-御府内中心部

図 立川博章、監修 竹内誠 吉原健一郎 内外地図。 ISBN4-9901862-0-6

江戸城を中心とした一体が掲載されています。

 

江戸の町並み景観復元図-御府内上野・浅草周辺

図 立川博章、監修 竹内誠 吉原健一郎 内外地図。ISBN4-9901862-1-4

谷中、小石川、上野、浅草、外神田、千住、吉原、隅田川、向島、本所、深川の鳥瞰図と、各土地の拡大解説をしています。今戸焼きの焼き物の煙が立ち上り、川越に向かう船が 隅田川を行く様子など細部一つ一つの面白さがよくわかります。

 

立川博章氏の江戸鳥瞰図の上記二冊の書籍は書店、卸では売切れ状態ですが、内外地図地図にはまだ若干在庫があるそうです。 古書ではなく定価で新書も入手可能ですので、内外地図に直接問い合わせてみてください。

 

大江戸透絵図

大江戸透絵図 - 千代田から江戸が見える

監修 北原進 千代田区江戸開府400年記念事業検討委員会 2003年、ISBN4-902272-00-8

江戸開府400年記念事業として発刊された本です。CD付。

 

別冊太陽「パノラマ地図の世界」

湯原公浩編 ムック、2003年、ISBN4-582-94458-2

立川博章氏の江戸鳥瞰図 「愛宕山図」、「上野、浅草図」、「江戸城図」が掲載されています。 多くの鳥瞰図絵師の方々の鳥瞰図を掲載。見比べると、鳥瞰図の描き方の差がよくわかる一冊です。「パノラマ地図はどのようにしてつくられたか」の項で鳥瞰図の描き方が説明されています。

 

原寸復刻 江戸名所図会

斉藤月岑著・石川英輔、田中優子編 評論社。ISBN4-566-05262-1

戸時代に書かれた江戸の名所案内。名所を鳥瞰図で書かれています。30cm x 23cm x 21cmのサイズの原寸大復刻版で、絵の細かい部分まで見ることができます。斎藤家三代にわたって作成、出版された貴重な資料です。複数のページをつなげて見るとパノラマになっている絵が数多くあります。そうして見ると一大パノラマができあがります。江戸名所図会はこの復刻版に限らず様々な解説本など関連書籍が多数出版されています。

明治東京名所図会

画 山本松谷 解説 山本駿次郎 講談社。ISBN4-06-204403-X

明治自体の東京の町並み、風俗が書かれています。江戸の香りがまだ残る明治の街や人々が、山本松谷によって生き生きと描かれています。

江戸図屏風をよむ

小澤弘著 河出書房新社 ISBN4-309-72486-8

「江戸図屏風」の写真解説本です。細かい所の解説があり、この本を見ながら江戸図屏風をみるととてもよくわかります。

『熈代勝覧』の日本橋 - 活気にあふれた江戸の町

小澤弘、小林忠著 小学館 ISBN4-09-60719-X

「熈代勝覧」の写真解説本です。日本橋の店先、人々の表情、風俗が人一つ楽しく描かれており、解説されています。

模型でみる江戸・東京の世界

江戸東京博物館で展示されている江戸の町や明治時代の街のミニチュア模型などの写真解説本です。実際に空から江戸、明治の街を眺めている気分になります。この本は東京江戸博物館でしか入手できません。模型の実物は江戸東京博物館で見られます。

古写真で見る江戸から東京へ

世界文化社 2001年 ISBN4-418-01210-9

江戸幕末から明治初期に写された江戸、東京の写真集です。当時の街の様子が 写真で残されています。今は古書でのみ入手可能です。

 

鳥瞰図 書籍

別冊太陽 パノラマ地図の世界―自然を街を見渡す楽しみ

湯原公浩編 ムック、2003年、ISBN4-582-94458-2

様々な鳥瞰図を多数掲載。鳥瞰図絵師の方々のインタビューもあり、色々な鳥瞰図の描き方が見られて楽しい、鳥瞰図好きには必読の一冊です。「パノラマ地図はどのようにしてつくられたか」の項で鳥瞰図の描き方が説明されています。

建築とデザインのための図形科学

山田由紀子著 倍風館 ISBN4-563-03011-2

「図形科学」は平面図形や立体を、幾何学の知識を基礎として表現するものです。P124~P137に透視図法を 図形科学から理論的に説明しています。

鵜の目俺(タカ)の目

石原正著 東方出版 ISBN4-88591-340-3

鳥瞰図絵師・石原正氏の著書。石原正氏の鳥瞰図制作半生記。アクソメ図法に基づく石原式鳥瞰図の 描き方も解説しています。石原氏が亡くなられて絶版になっているため、古書でのみ入手可能です。

やわらかい透視図法で山を描く-地図を使った風景スケッチ入門

山口裕一著 山と渓谷社 1993年、ISBN4-635-39002-0

 

 

鳥瞰図 外部リンク

財団法人地図センター
地図、明治陸軍の測量した地図(迅速測図)、鳥瞰図、空中写真、関連書籍などを制作、販売しています。 立川博章氏の「新江戸図」も今後販売予定です。

マップショップ

一般地図、古地図、広重の名所江戸百景図などを販売しています。

Wikipedia 鳥瞰図

鳥瞰図一般に関して記述されています。

 

江戸鳥瞰図外部リンク

江戸図屏風

江戸時代初期の江戸市街地、近郊の様子を屏風絵にしたものです。明暦の大火以前の江戸図なので、また江戸城の天守閣が 残っており、徳川家光も絵の中に描かれています。国立歴史民族博物館に収蔵されています。関連書籍 「江戸図屏風を読む」

 

熈代勝覧(きだいしょうらん)

文化2年(1805年)の江戸後期の江戸日本橋を描いた絵巻。日本橋は当時最も繁栄した商業地区で、大店が並び様々な人が行きかう様子が描かれています。現在ベルリン国立アジア美術館に収蔵されており、江戸開府400記念の際に日本でも公開されました。関連書籍「熈代勝覧の日本橋」

 

江戸東京博物館

江戸、明治の町並み、生活の様子が再現されています。お江戸日本橋の原寸大復元模型、歌舞伎差の原寸復元模型、その他 、江戸の町並みを復元したミニチュア模型が多数展示されています。

 

日本刺繍 外部リンク

ギャラリー逢花

星美幸日本刺繍教室、一日体験講座は、ギャラリー逢花で開催します。

 

三の丸尚蔵館・雪月花

上村松園の「雪月花」は宮内庁・三の丸尚蔵館に収蔵されています。「雪月花」は貞明皇后のご用命を受け完成するまでに20年以上を要した、上村松園の力作です。星美幸の「雪月花」より「花」は、この絵を日本刺繍で模写したものです。

松伯美術館

「雪月花」を描いた上村松園、上村松篁両画伯の美術館です。


Wikipediaの「日本刺繍」