鳥瞰図お知らせ
 

江戸時代の横浜から羽田、世田谷を見渡す鳥瞰図の初公開

「空から見た国際都市 大田」をテーマに、東京都大田区および地図展推進協議会主催による「地図展 in おおた」が開催されました。


地図で見る大田の変遷として、江戸時代、明治時代、昭和初期、戦前、高度成長期、現在の大田が展示されました。 この中で、江戸時代の東京都大田区を中心に俯瞰する立川博章先生の2.4m×4.8mの巨大な手描きの鳥瞰図が初公開展示されました。
幕末の生麦、羽田、世田谷、品川、あたりを一望する壮大な江戸鳥瞰図です。横浜ランドマークタワーから見るような広大な空間が 江戸時代の正確な絵地図の上に再現されています。


日時

2011年3月10日(木)~3月12日(土) 10時~19時 (最終日 10時~18時)

 

会場

大田区産業プラザPio (最寄り駅 京急蒲田駅東口から200m)

 

入場料

入場無料


関連リンク

展示された新江戸図

江戸鳥瞰図
『江戸鳥瞰図 新江戸図』(羽田、品川、深沢、生麦近辺)(文久2年)立川博章