制作過程のイメージ  

制作過程日本刺繍の図案作成から、刺繍、仕上げまでの過程と、星美幸・日本刺繍教室でどのようにご指導しているかを、このページでご紹介します。

①図案を決める ②布を選ぶ ③色を決める ④布を刺繍糸に張る ➄布に下絵を転写する ⑥刺繍の技を決める ➆刺繍する ⑧刺繍を固定する ➈作品として仕上げる

 

1.図案を決める

自分の好きな図案を考えて、好きな作品を作るのはとても楽しいことです。

教室では、初心者の方は最初の幾つかの作品はカリキュラムの図案を使って縫い方を覚えて頂きます。基本の縫い方を覚えたら、技術にあわせて図案を選ぶことができます。 講師は長年のグラフィック・デザイナーの経験を生かして、生徒さんからのご依頼を頂いて生徒さんのために作成している図案も沢山あります。教室では、以下のような図案選びをしています。


図案描き方アイコン 【図案の描き方】 図案の描き方の例をこちらでご説明しています。

 

2.布を選ぶ

図案とご自分のイメージにあった布を選びます。 教室では、ご自分のお手持ちの絹地やご自分で気に入って買った布に刺繍を刺すことができます。 講師が何種類もの布地を用意していますので、その中からお好きなものを選ぶこともできます。

3.色を決める

色選び図案と布に合わせて、自分のイメージに合う色を自由に決めます。 400色の絹糸から色を選ぶことができます。
初心者の方も、2作目の課題作品「松竹梅」から、色をご自分で決めることができます。

色選びはイメージを形にしていくための楽しい作業ですが、 色彩の原理を知っていた方がより良い色選びができる深い世界でもあります。 生徒さんは色選びを楽しみつつも悩まれることが多いようです。 教室では、グラフィック・デザイナーの経験もある講師が、色選びの考え方をご説明しながらカラーコーディネイトのアドバイスをします。

色選びアイコン【色選びの考え方】

色相環 日本刺繍での色選びのための考え方の基本をこちらにまとめました。色彩学から見た配色の考え方の概略を書いています。

 

4.布を刺繍台に張る

日本刺繍の台に、絹地の布を張ります。刺繍台は、昔からの台張りをする日本刺繍の台を使います。

刺繍教室では、まず講習のスタートは台張りの加減の確認から始まります。 初心者の方はゆるくなったまま刺繍している方が多いので、木片で調整します。 この微調整で格段に刺繍しやすくなりますので、驚かれますが、これも大切な経験です。

5.布に下絵を転写する

図案を絹地に写します。自分でオリジナルな作品を作るためには、自分で図案を写せる必要があります。


6.刺繍の技を決める

日本刺繍には沢山の縫い方があり、縫う文様にあわせて縫い方を変えることで豊かな表現ができます。

教室では縫い方を一つ一つを覚えて頂き、覚えた縫い方の範囲でできる作品を作っていきます。

7.刺繍する

日本刺繍の縫い方が独特なのは、無撚糸の釜糸を「糸より」して刺繍糸を作ることと、「両手刺し」をすること、「駒」を使って金銀糸を刺繍することです。

8.仕上げる

日本刺繍が縫い終わったら、刺繍の裏側に生麩糊(しょうふのり)をつけて「糊置き」をします。

次に蒸気を当てて「湯のし」をします。 最後にアイロンがけをします。

9.額装する、仕立てる

完成日本刺繍が終わって、それを作りたかった最終的な作品の形に仕上げて完成です。

額に入れた額装作品として完成させる生徒さんが多いですが、額選びは初めてという方も多いので、作品にあった額選びのアドバイスをして完成までお手伝いしています。

ページトップへ 星工房ホームへ 江戸鳥瞰図へ


Copyright © 2011,2016 星工房